キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 白髪が上手く染まらない…その原因はシャンプーにあった!? : 白髪染めで頭を抱える前に

白髪が上手く染まらない…その原因はシャンプーにあった!?

白髪染めで頭を抱える前に

白髪染めで頭を抱える前にのメイン画像
白髪染めトリートメントでしっかり染めようとしても、染まらない原因はシャンプーにあった
白髪が上手く染まらない…その原因はシャンプーにあった!?

どんなにたくさん白髪染めを塗っても、放置時間を30分以上置いても、綺麗に染まらない場合があります。

その原因は、なんと普段使っているシャンプーにあるかもしれないのです。

普段使っているシャンプーがシリコンシャンプーだった場合、シャンプーがシリコンで髪の毛の表面をコーティングしてしまうので、同じく髪の毛の表面をコーティングする白髪染めトリートメントの色が入りにくくなってしまいます。

トリートメントタイプの白髪染めと、一番相性が悪いのがシリコンシャンプーだと言われています。

市販のシャンプーのほとんどがシリコンシャンプーなので、知らずに使っていて上手く白髪が染まらないのかもしれません。

また、染まるけど色落ちが早い…という場合も、毎日のシリコンシャンプーが原因かもしれません。

白髪染めトリートメントは、毎日のシャンプーや汗をかいた時など、髪への摩擦によって少しずつ色落ちしていくのが普通ですが、シリコンシャンプーに含まれる硫酸系のシリコンの洗浄力が強いため、早く色落ちしてしまうことがわかっています。

白髪染めの定着を邪魔してしまうシリコンは、固形石鹸でシャンプーすると落ちます。

髪の毛は一時的にごわごわになってしまいますが、その後に白髪染めトリートメントを使うと、染料も入るしトリートメント成分で髪の毛のツヤも取り戻せます。

今ではノンシリコンシャンプーがたくさん市販されていますので、すぐに色落ちしてしまう方はシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか。

Copyright 白髪染めで頭を抱える前に All Rights Reserved.