キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 トリートメントタイプの白髪染めで、きちんと白髪を染めるためにはどうしたらいい? : 白髪染めで頭を抱える前に

トリートメントタイプの白髪染めで、きちんと白髪を染めるためにはどうしたらいい?

白髪染めで頭を抱える前に

白髪染めで頭を抱える前にのメイン画像
トリートメントタイプの白髪染めを使って、髪を傷めずしっかり染めるためのテクニック
トリートメントタイプの白髪染めで、きちんと白髪を染めるためにはどうしたらいい?

トリートメントタイプの白髪染めで、しっかりと染めるにはどうしたらいいのでしょうか?白髪を染めるためには4点のポイントがあります。

髪質、温度、放置時間、添付量の4点です。

髪質については、「今までパーマやカラーリングをしたことがない」「髪の毛が太くて硬い」という方は染まりにくい傾向にあります。

逆を言うと、パーマやカラーを頻繁にしていたり、細くて柔らかい髪質の方は、色が入りやすくて染まりやすいそうです。

もともとの髪質を変えるのは無理なので、髪質が硬毛の場合は、以下にご紹介するようなちょっとした工夫が必要です。

染める時の温度は室温で20°~30°がベストです。

夏場は暑いかもしれませんが、しっかり染めるためにはシャワーキャップなどを使って、髪の毛が高めの温度の中で安定するようにした方が染まりやすいでしょう。

放置時間は、一般的には15分くらいが目安ですが、トリートメントなので長めにしても頭皮や髪へのダメージがないため、倍の30分、放置してみましょう。

添付量については、ケチらずたっぷりと使うことが大事です。

そのため、コスパが重要になってきます。

シャワーキャップを被って30分放置しても染まりが悪い場合は、電子レンジで蒸しタオルを作ってシャワーキャップに巻くか、ドライヤーで温めた状態で、染髪用のアルミキャップを被り、さらに30分放置するとムラなく染まります。

「手軽に染めたいからトリートメントタイプの白髪染めを選んだのに」という声が聞こえてきそうですが、あくまでもしっかり染まらない場合のテクニックですので、説明書通りにやってきちんと染まる髪質の方なら、もっと手軽に出来ると思います。

Copyright 白髪染めで頭を抱える前に All Rights Reserved.